自動診断
受給診断スタート

助成金と信頼の獲得方法をお届けします。

毎月の商工会議所からの書類をご覧になっていますか?
たくさんの補助金・助成金・給付金が並んでいて、
目が回ってしまう程ですね。

今回ご紹介するシステムなら、
5分ほどで幾ら受給できるか診断できます。
試してみてください。
補助金と助成金の違いをご存じですか?

ちょっと検索してみると「ほぼ同じ」という記事をたくさん見かけるかも知れません。
確かに、国や地方自治体から戴くことができて、返済しなくていいという点は同じです。

補助金には、厳しい審査があって、補助金事業が終了して報告書を提出してからでないと補助金がもらえません。厳しい競争の中で採択されるためには、申請時の事業計画書の勘所を踏まえて、内容を練り上げることがとても重要です。

でも、助成金なら要件を満たしていれば、所定の申請をするだけで原則給付してもらえます。申請しなければゼロ。すれば現金収入です。試さない手はありません。
受給診断スタート


受給条件の確認

「正社員」の人数を選択して下さい。
(経営者本人、取締役、親族を除く)

「都道府県」を教えて下さい。
(本社所在地)

「業種」を教えて下さい。
(メイン業種=最も売上比率が高い業種)

今までのご経験や会社の現状を教えて下さい。

補助金・助成金が
適用されるなら
実施したい取り組みを
教えて下さい。

「事業」を成長・改善するために実施したいこと

「従業員」に関すること

業務環境について

該当する項目にチェックをしてください。